チオグリコール酸カルシウムを顔に使わないように!

チオグリコール酸カルシウムは顔に使わない方が絶対に良い理由があるんです。他の部位なら本当に脱毛効果があり、手間をかけずに除毛できるのですが、顔に使うことでチオグリコール酸カルシウムの危険度は上がります。安全に使うためには必ず使い方をしっかりと!
MENU

チオグリコール酸は顔に使ってはダメ!その理由

チオグリコール酸カルシウム,顔,使用,注意

チオグリコール酸カルシウム、これは除毛クリームや除毛剤に使われている
毛を溶かす主成分。
タンパク質に反応します。
毛もタンパク質でできているため、毛を溶かして効率良くムダ毛を処理することができるのです。

 

実は肌もタンパク質でできているため、
肌を溶かす恐れがあると思われる人もいますが
ほぼ、肌を溶かすことはありません。
以前タンパク質の塊であるたまご(ゆで卵)に除毛クリームを塗り付けて
3時間ほど起きましたがたまごが溶けると言うことはありませんでした。

 

だから安心して使っていただける
それが除毛クリームなんです。

 

しかし、一つだけ注意して欲しいのが
顔には使わないで欲しいということ

 

顔に使うと顔の皮膚がというわけではありません。

 

顔に使って万が一目や口にチオグリコール酸が入ってしまうと大変なことになってしまうのです。
女性の方でも顔の鼻下に生えるヒゲが邪魔でしかたがないと思われることありますよね。
シェーバーやカミソリで処理すると肌を傷めるから
除毛クリームでやさしく処理してしまおう
なんて思ってしまうこともあるかもしれません。

 

でも、顔には使わないようにして下さい。

 

目や口に入るとどんなことが起こるの?使ってはいけない理由

チオグリコール酸カルシウム,顔,使用,注意

チオグリコール酸カルシウムが目に入るとどのようなことが起こるのかと言うと
目に入った場合
結膜刺激、アレルギー性皮膚炎
を引き起こす可能性があります。

 

口から入った場合
悪心、追うと、口腔・咽頭粘膜のびらん、腹部不快感、下痢
等の症状が起こることがあります。

 

皮膚では大丈夫ですが
体内へチオグリコール酸が入り込むと
そのタンパク質を溶かす性質がダイレクトに体細胞へ影響を与える可能性があるのです。

 

ワキやスネ、腕などの体の部分でしたら大丈夫なのですが
顔から上は目や口など体内へとアクセスできる部分があるため大変危険。

 

そのリスクを知りながら顔の除毛を除毛クリームでするのは
非常にオススメすることはできません。

 

止めましょう。
最近ユーチューバーが顔に除毛クリームを塗って
ヒゲの除毛をしてみたと言うのを見ましたが
あれは本当に危険ですのでまねしないようにして下さいね。

 

 

チオグリコール酸カルシウムが口や目に入ったらどうすれば?

チオグリコール酸カルシウム,顔,使用,注意

チオグリコール酸がもし誤って口や目に入ってしまったらどうしたら良いのでしょうか
目や口に入れてはいけない
だから使わないと言うのはちょっと待って下さい
この世の中には便利ですが目や口に入れてはいけないものはたくさんあります
危険な使い方をしなければ非常に除毛クリームは便利。
だから、安心に使うためにやってはいけないことは守って下さい。

 

しかし、もし万が一誤って口や目に除毛クリームが入ってしまったら
どのように対処したら良いのでしょうか?

 

 

口に入った場合はタンパク質を摂取

チオグリコール酸が口から体内へ入ってしまった。
そういう場合はチオグリコール酸はタンパク質に反応するので
タンパク質を体内へ取り込んでチオグリコール酸カルシウムを中和させてしまいましょう。
例えば牛乳をコップ1杯分飲む。
これが一番簡単です。
他にも卵白を飲むと言うのもあり。
水ではなく牛乳か卵白にして下さい。

 

目に入った場合

除毛クリームが目に入ってしまったら
絶対にやってはいけないのは
目をこすること
これは目の中にチオグリコール酸カルシウムを伸ばしてしまいますから
止めて下さい

 

水圧の低い流水で目を十分に洗い流して下さい。
蛇口で勢いよく水を出すのではなくちょろちょろの水で洗い流す
それである程度対処できます。

 

お医者さんへ行くことは忘れずに

もちろん、必ずお医者さんへ行って下さいね。
素人判断は危険です。
除毛剤が目に入った、口に入った
そして、どのような対処をしたのかを伝え
お医者さんの判断を仰いで下さい。

除毛クリームは顔から下に使いましょう

除毛クリームは非常に便利なもの。
広範囲を一気にムダ毛処理できます。
使う際は必ず首から下に使うようにしましょう。

 

また、粘膜や肌の弱い部分は極力除毛クリームが付かないようにしましょう。
例えばOライン。
肛門周辺は粘膜が露出している部分です
周りの毛を除毛するにはいいのですが肛門自体に除毛クリームがかからないようにしましょう
他にもデリケートゾーンも要注意です。

 

安全に使って美しい肌を手に入れて下さいね。

 

除毛クリームを顔に使わない【まとめ】

除毛クリームは目や口に入るといろいろな症状を引き起こす可能性があります
顔には使わないようにして下さい
もし口や目に入ったら牛乳を飲む、目を洗うそして病院へ行きましょう
除毛クリームは大変便利首から下に使うようにしましょう
粘膜に除毛クリームがかからないように気をつけて使用しましょう

 

 

⇒デリーモの嘘トップへ戻る

このページの先頭へ